次男がはまっている本:The Choice (Eliyahu M. Goldratt)

この本の著者であるエリヤフ・ゴールドラット(Eliyahu Moshe Goldratt)博士は
TOCと呼ばれる制約理論(Theory of Constraints)を作った有名な物理学者でありながら経営学者でありコンサルタントです。

1984年度に発表した”The Goal”という本は全世界的に800万部以上売れるベストセラーになりました。
ここで紹介された制約理論は、その後全世界的にもっとも活用できる経営理論の一つになりました。

次男はお父さんの机に置いてあるこの本を最近読み始めました。
すごく面白いと次男は言っています。

この本は小説形式になっていて、お父さんであるエリヤフ・ゴールドラット博士と心理学者の娘が対話する方式で書かれています。
お父さんであるエリヤフ・ゴールドラットが、明確に考える(thinking clearly)ことで世の中のどんな問題も解決できると言うと、
娘は理解ができないと言って、お父さんに一つ一つ質問をしながら説明を聴きながら整理していくストーリになっています。

関心がある方は一度読んでみてください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *