世界の優秀な数学者たちから学ぶ!毎朝は次男と数学三昧境!

毎朝、次男と私は数学のスタディで時間があっという間に過ぎちゃいます。
この本も何回かやっているので、だいぶ古くなってきました。
前回は解けなくてマーキングをしておいた問題が今回は簡単に解けたりするのは本当に楽しい経験です。

金曜日の朝には世界の数学好きの子供たちが参加しているオンラインクラスに次男も参加し始めたので、その課題をこなすのも一苦労ですが、段々簡単に思える問題が多くなってきたので、本人も楽しく1週間を頑張ってます。

次男が今参加しているアメリカのオンラインクラスの先生たちは、ハーバードやMITなどの優秀な大学で数学を専攻して、数学オリンピックなどの問題を出題したり、関わりをしている先生たちです。

先生がオンライン画面を通じて問題を出した途端、子供たちは次々と答えを出し始めます。コンソルを通じて答えを先生に送ったら、正解をした先着順10人の名前と答えがパソコンの画面にリストアップされるので、その時間は緊張もありながらゲームに参加している感覚でレッスンに参加してます。

このクラスに参加してついて行くためには、相当の予習と復習が必要です。
クラスには40人くらいの生徒が参加をしていて、その中では本当に優秀な子供たちも沢山います。その子供たちが出した答えをみると、論理的で、先生が出した答えのように感じる時も沢山あります。そんな子供たちの答えの書き方をみるだけでも、次男にとってものすごい刺激や勉強になっているそうです。

クラスを参加して間もない頃には、次男もすごく緊張しましたが(お互いに顔は見えないシステムですが。)、最近は5番目以内で答えを出すことも多くなったので、次男も少しづつ自身がついたようです。

算数嫌いだった次男がホームスクリングを通じてここまで数学と向き合うようになっただけでも、
私たち家族は奇跡だと思っています。

そして、たまにはこのような刺激も悪くないようです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です