ホームスクーリングを始めてから..

<↑1年半前、アメリカのスタンフォード大学で。>
ホームスクーリングを始めてからもう1年半がたちました。アメリカの西海岸の大学をめぐる旅行を終えてから、
始まったホームスクリング。
初めは不安もありましたが、子供たちは1年前より全ての面で成長しています。
子供たちが自分の意思で選んだ道・やはりホームスクーリングをやってよかったと家族みんなが思っています。
 
15歳の長男はEDMプロデューサーになって、毎日コンピュター音楽を作っています。6月2日にはアメリカのあるレコード会社で長男の音楽をリリースすることになりました。今日の朝、レコード会社から息子の音楽をリリースする際に使うデザインを送ってもらいました。まだその日まで音楽やデザインの公開はできませんが、かなりいい感じに仕上がっています。
世界の有名なプロデューサーたちが彼の音楽をサポートしてくれています。
10ヶ月前に、音楽を作りたいと言ってスタートしたのが、今はその分野でプローになろうとしています。
以前通っていた中学校の後輩たちが家まで来て長男から音楽を作るレッスンを受けています。
いくら考えても信じられないことですが、長男が好きなことに取り込む時間と心の余裕があったからこそこのような形になったと思います。
16歳になる前に世界のトップレベルのレコード会社であるRevealed Recordingsなどで自分のEDM音楽をリリースすることを
目標にして、毎日曲作りに専念してます。
来年にはアメリカのバークレー音楽大学に入学できるように準備をしています。
こちらが長男が作った曲の中の一つです!
 
こちらは長男がRemixした曲です!
 
 
10歳の次男は色んな分野の洋書とJournalなどを沢山読みこなして、英語力を磨いてきました。
知りたいことはなんでもWikipediaで調べることで、専門分野の単語や色んな知識を身に付けることができました。
英語がもっとできるようになってからは世界で沢山の友達を作り始めました。その中にはNASAで働いているアメリカ人や数学やプログラミンが上手な年上のお兄さんたちも沢山いるので、そのような友達と毎日チャットしながらいい刺激を沢山受けています。
 
今はHTML+CSS, Php, Python, JavaScript, Java, などのプログラミングを学びながら、宇宙にも興味をもち、近いうちにCubeSatellite(CubeSat)を作って宇宙に飛ばしたい夢を持って実現しようとしています。
 
NewYorkに住んでいる中学生から、彼が作ったゲームのサーバーのHead Developerになって欲しいと言われて、今はボランティアでその仕事もやっています。ゲームサーバーのHomepageを作るためのSitemapも頼まれてMacのnumbersと言うソフトウェアで一生懸命作っていました。
私たち夫婦は自分の息子たちを通じて面白い世界を沢山経験しています。
英語力がなかったらこのようなことは考えもしなかったかもしれません。
次男のことで何より嬉しいのは、前の小学校では嫌いだった算数が今は好きになってきて、10歳になった今は中学の数学を楽しむようになりました。前の学校では次男は算数ができない子たちのグループに入っていました。なぜか算数は面白くないと言って、その時も本ばかり読んでいました。ホームスクーリングを始めてから他の子供と比べることなく、自分のペースでやって来たのは本当によかったと思います。あと、本を沢山読んだから数学の理解度もかなり上がったと思います。
次男は今まで塾に一度も通ったことがありません。自分のペースで数学の本を読んだり、YoutubeやKahn Academyなどのビデオを見ながら理解できない部分を学んだりしました。
 
↓10歳の次男が大好きな数学の本です。ハーバードやMITの数学者たちが作った教材です。公文式のような同じ計算を繰り返す問題ではなく、全ての問題を言葉で証明することで数学的な考え方を自然に身につけられます。世界的な数学大会で実際に出された問題が沢山含まれているので、一つ一つ証明しながら答えを出すことでかなり時間はかかりますが、毎朝欠かさず楽しくやっています。
息子たちが唯一通っているのはイスラエルの護身術であるKrav Magaです。
世界を飛び回したい二人にとって、世界どこに行っても自分の身は自分で守るということで毎週2回通っています。
大人と一緒に学んでいるので、かなりハードなのですが、絶対やめたくないみたいです。

 

↓2016年の冬。アメリカのスタンフォード大学で。

これからもっと沢山の情報をみなさんとシェアしたいと思います!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です