アメリカでの勉強が優しくなる本

 

アメリカの中高・大学を目指している子供たちやインターに通っている子供たちの為に役に立つ本をご紹介します。

すでにアメリカの中高に入って勉強している子供たちが学校のGPA成績を上げる為に役に立つと思います。

 

 

 

 

 

 

 

(↑) 子供たちが意外と難しく思う科目がサイエンス(Science)ですが、

沢山のイメージを通じて説明しているので、とてもわかりやすいです。

 

(↑) 数学(Math)の場合、いくら数学が上手でも、英語の用語に慣れないと点数を取れなくなります。

数学用語や文章問題で少し頑張ればすぐ慣れると思います。

 

 

(↑) 世界史(World History)の本もイメージが多くて面白い構成になっています。大人が読んでもいいかもしれません。

(↑) 英語(English Language Arts)は何よりもリーデイングとライティングの説明がよくできています。

アメリカでいいGPAを取る時に一番難しい科目が英語です。

いいGPAを取る為には先生のディレクションにしたがって課題を出さないといけません。

例えば、ライティングの宿題の時に、Narrativeの形式で書かないといけないことを、

expositoryやpersuasiveで出したら、いくら時間をかけて一生懸命書いたエッセイでも

いい点数をもらうことは難しいです。

この本は、そのようなライティングの基本と、体系的なライティング方法に関する説明と例に関する説明、

リサーチペーパーを書く方法までよく説明されています。

 

 

 

(↑) アメリカは歴史(American History)が短い為、すごく細かい部分まで問題がでる場合が多いです。

ほとんどのアメリカのトップスクールでは暗記ではなく、内容を深く理解する為にペーパーを提出する

場合が多いですが、基本的にこのような内容は知る必要があります。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *